snowm-tabi-log

【エンジニア旅ブログ】アジアの奥地へ地べたを這う旅

【アンコールワットの夕暮れに二重環の虹】カンボジアの旅前編:国境越えてバックパッカーデビュー

バックパッカーデビュー

初めてのバックパッカー旅行をした昔の話

以前にベトナムを飛行機も使いながら北部・中部・南部と見て回ってからというもの, 人のアレンジに頼らず自分の力でバス旅をしてみたいという思いに駆られていた。

snowm-blog.hatenablog.com

snowm-blog.hatenablog.com

snowm-blog.hatenablog.com

 

元々日本国内を自転車青春18切符で旅してきたのでツアーという煩わしい形ではなく自分の気分で行くところを決めていく旅が好きだった。

なので飛行機は使ったものの自分達の手配で海外を旅する面白さに目覚めたのだ。

 

本やインターネットで情報収集してみるとバンコクからカンボジアアンコールワット観光拠点シエムリアップへ行くのが最も旅人にメジャーなルートであるという事が分かった。

 

そこで人生初めての陸路国境越えに挑戦する。

そしてこの旅以来飛行機を使わず地べたを這って行く旅にはまっていくこととなり数々の旅に再び出ていくのが今回のバックパッカーデビューした旅の話である。 

snowm-blog.hatenablog.com

 

シエムリアップへ

まず最初にシエムリ・アップだと, ずっと思っていた。

アンコール・ワットカンボジアは元よりアジアを代表する観光地だけあって, 周りに訪れた事のある友達も多かった。

だから遺跡の名や最寄りの街の名前も聞いてはいたのだが, まさか・・・

シエム・リアップだったとは!

そこで区切るのかという驚きがあった。

 

とにかくバンコクからシエムリアップ行きの国際バスをあらかじめ日本から予約しておいた。

現地で買っておいても良かったのだろうが, この時は初めての国境越えだったのであらかじめ予約しておかないと不安だったのだ。

バンコクのxx駅のショッピングセンターの代理店でチケットを受け取って明朝モーチットバスターミナルから乗り込む。

  

いざカンボジア

カンボジアにはANAが直行便を飛ばしている。

もちろんこれに乗れば一番早いのだが, JALマイレージトラベラーであったのでJALの直行便が飛ぶバンコクへ行き, そこから陸路をバスでカンボジアのシエムリアップへ行くのが自分にとって最も安い手段でもあった。

 

バスに揺られる事数時間タイ国境の街アランヤプラテートに到着する。

タイの道路は田舎まで舗装路が整備されていて特段の不便はなかった。

本音ではもっと発展途上国的な雰囲気を想定していてむしろそういう状況を期待していたところもあっただけに意外な一面であった。

 

とはいえ陸路国境という今まで自分が経験したことのないものを初めて見た時の事は忘れられない。

目の前に立ちはだかる大きな関門と田舎街にも関わらず大量の物資と人が行き交う光景。大都市バンコクでは見かけない大八車のような乗り物。

ここに国の境界があるという事は十分に感じられた。

一方でその雰囲気にはあまりにも似つかわしくないカンボジア側の粗末な国境審査の建物もまた最も印象的なものの一つだ。

 

f:id:snowm-blog:20181016233655j:plain

f:id:snowm-blog:20181016233813j:plain

 

国境の門はアンコールワットなどで見られるクメール建築様式。

タイ出国のためにバスを降りると沢山のビザブローカーが群がる。

彼らはビザ申請代行をしてくれるのだが, 結構な高い手数料を徴収してくる。

あらかじめ日本でeVISAを取得しておいたので頼む必要はなく

最初に一言もうVISAを持っていると言うと絡まれずに済んだ。

  

f:id:snowm-blog:20181016233842j:plain

 

カンボジアとタイの国境審査の間は自分の足で歩かなければならない。

インフラ整備が追いついておらず雨が降った後の歩道は泥だらけだ。

下の右側の建物がカンボジアの国境審査の建物。

あらかじめ教えられなければ気付かない事間違いなしだろう。

 

f:id:snowm-blog:20181016233903j:plain

f:id:snowm-blog:20181016233827j:plain

 

バスはエンジンのオーバーヒートを防ぐため休憩中は開けて冷やしておく。

熱帯のアジアではしばしば見かける様子だ。

 

カジノの中を見たりしながら皆の国境審査が終わるのを待って, シエムリアップへ向かう。

流石にカンボジアはタイほどインフラは整備されておらず道路の脇は未舗装なので実質きちんと舗装されているのは2車線分ギリギリぐらいの幅だった。

対向車両と行き交う度に少し未舗装の部分にもはみ出しながら進んでいく。

 

といってもやはりカンボジアの中でも主要な道路の一つという事もありメンテはされているようシエムリアップまでの道のりで舗装が成っていないよう部分はなかった。

 

ただし, 一本国道をそれれば当然のごとく土の道である。

 

シエムリアップへ到着

シエムリアップの町はずれに到着した。

どうやらここがバス会社の事務所兼発着ターミナルとなっているようだ。

到着した場所で帰りのチケットを購入するが3,000円分ほどだったかと思う。

ドルでしか受け付けておらず相場が分かっていない状況で両替レートを呑んでしまったため結構な額が上乗せされたようだ。

後々町中で色んな会社のバス料金を見てみると1千円代でもバンコクまで行けるようだ。

 

f:id:snowm-blog:20181016233954j:plain

f:id:snowm-blog:20181016234020j:plain

 

 

 バスの到着地にはトゥクトゥクドライバーが沢山待機している。

どれも結構ふっかけてきているようなので歩いて街中へ向かうこととした。

 

その途中で両替所やレンタルモーターバイクやレンタサイクルを探す。

とある古びた建物のところでレートの良い両替屋を発見した。

しかし何か怪しい

カンボジアは自国通貨の信用ができないためにドルを使うがあまりにもレートが良すぎる。

そういえば北朝鮮が偽USドルを刷っていて, ラオスから近隣諸国にばらまいているという噂も耳にした。

ここのは偽札の可能性が高いと判断して他の両替屋を探す事とした。

 

f:id:snowm-blog:20181016234051j:plain

 

結局銀行系の場所で両替してホテルに荷物を置いた頃には完全にあたりは暗くなっていた。

しかしそこはアンコールワットの最寄りで旅行者の集まる街。

歩いてきた未舗装のインフラには似つかわしくない煌々とした明かりで照らされる繁華街。

写真では伝わらないが, あらゆるところからクラブミュージックが聞こえてくる。

トゥクトゥクメルセデスレクサスと表示された高級車?が止まっている。

 

f:id:snowm-blog:20181016234122j:plain

f:id:snowm-blog:20181016234223j:plain

 

落ち着かないので町はずれの屋台から地元の人達が沢山出入りしている屋台で食事をする。

カンボジアには食を期待していなかったが, ここの食事は最高に美味しかった。

配膳や清算など屋台の親父の娘が手伝っていて客の注文を取り次ぐ。

小学生くらいの年齢だが客に大分可愛がられていてこの店の看板娘のようだ。

隣で食べていた地元の人達とも喋ることができ大満足だ。

この街は観光で成り立っているため, 満足に学校へ行けなかった人達でも英語がすごく上手らしい。

 

f:id:snowm-blog:20181016234245j:plain

 

遺跡巡りへ

翌日はアンコールワットへ行く。

まず宿の近くで自転車をレンタル

そしてチケット発売所に行くのだが, 途中で市場を見つけたので入っていく。

足元は完全に土でかなりのローカル感だ。

 

f:id:snowm-blog:20181016234350j:plain

f:id:snowm-blog:20181016234403j:plain

 

その後チケットを購入。

看板には子供がマネーを求めても与えないようにとの注意書きが。

アンコールワットまではなにげに結構な距離があった。

最初はのどかな雰囲気の中を気持ちよく走っていたのだが,

太陽が昇るにつれどんどん暑くなってくるし, そのうちにスコールが降り出す始末。

急いで進もうとするのだが, アンコールワットエリアへ入る前に検問があってそこでとめられて色々と質問されるもんだから検問の小屋で雨宿りする事にした。

その質問が明日俺の知り合いのトゥクトゥク使わないかとか明らかに紹介料狙いでしつこくてすぐに通して貰え無さそうだったので, 雨宿りしながらゆっくりと対応した。

 

f:id:snowm-blog:20181016234455j:plain

f:id:snowm-blog:20181016234517j:plain

 

ジブリ的雰囲気。。。

通常この地域のスコールは小一時間ですぐに止むのだが, この日は断続的に何回も繰り返していた。

遺跡と遺跡の間に雨宿りできるところがないものだから服はインナーまでぐっしょり

お昼は明らかに観光客は来ないであろうローカル屋台で済ませる。

白米と謎のカエルの串焼きのようなものを頂く。

 

f:id:snowm-blog:20181016234433j:plain

f:id:snowm-blog:20181016234547j:plain

 

アンコールトムを回ってからアンコールワットを訪問。

遺跡の上から見るとこの場所がジャングル奥地に位置していることがわかる。

 

f:id:snowm-blog:20181016234625j:plain

f:id:snowm-blog:20181016234644j:plain

f:id:snowm-blog:20181016234655j:plain

 

結局アンコールワットを一通り見終わっても雨が降り止まず, アンコールワット雨宿り。自分以外にも沢山の旅行客が同じ状態だった。

 

そのうちスタッフからそろそろ閉めるというお知らせがあったので合羽を持っている人から雨の中帰っていく。

自分を含めてどちらも持っていない者は最後までねばったが, 結局時間オーバー

大雨の中をずぶ濡れになりながらアンコールワット周囲の水堀りの橋を渡って帰っていった。

けれども結局は橋を渡り切ったところで急に雨が止む

あぁもう少し雨宿りさせて貰えればビショビショにならずに済んだのに。。。

 

f:id:snowm-blog:20181016235227j:plain

f:id:snowm-blog:20181016235318j:plain

f:id:snowm-blog:20181016235426j:plain

 

でもおかげで凄い光景が。

アンコールワットの周りに虹が二重に架かったのだ。

写真写りがあまりよくないものの自然系景色ではあまり心を揺さぶられない自分もこの世にも珍しき二重環の虹には珍しく感動。

しかも世界的有名な歴史遺産の上に架かるとは

 

f:id:snowm-blog:20181016235545j:plain

f:id:snowm-blog:20181016235556j:plain

 

自分の力で旅に出てみた甲斐があったものだとしみじみ思った日であった。